iPhoneで曲を買う、アプリをダウンロードする、写真を撮る。当たり前にしていることですが、これらはすべて本体容量を消費します。その本体容量をストレージといいます。ストレージとコンテンツのバランスによってはiPhoneがすぐにいっぱいになり、容量不足になってしまいます。
写真や動画を撮ろうとして、空き容量がなくて撮れなかった…という悲しいことにならないためにも、ストレージの容量は、常にある程度の確保しておいたほうがよいでしょう。

iPhone7で256GBまで選択できますが、それでも無限というわけではありません。たまった写真は整理しないと残ったままです。メッセージアプリの添付画像も溜まる一方です。定期的にバックアップをしたり、使用していないアプリは削除して、空き容量を増やしていきましょう。ストレージの空き容量の確保には使用状況を確認することが必要です。
ストレージの状態は設定画面から確認できます。日頃からチェックしておけばいっぱいになる前に気づけますし、何にどれだけの容量を取られているか把握できるようになります。

また、この設定画面からアプリや音楽の削除が行えます。使わなくなったアプリや聞いていない音楽などは削除してしまいましょう。
購入した有料アプリは削除しても必要な時に再インストールできます。同じApple IDでログインすれば再インストール可能です。音楽や映画も容量を圧迫します。iPhoneに残すのは人にお勧めするようなお気に入りだけに絞りましょう

音楽とアプリの他にiPhoneのカメラで撮りためた写真が容量を圧迫しがちです。iPhoneで撮影した写真は、1枚あたり2MB~3MB程度のサイズになります。数十枚、数百枚あれば大きな容量になります
しかし、思い出が詰まった写真は容量のためとはいえ、削除したくないものです。大事な写真は、「フォトストリーム」や「iCloud」などのappleのサービス、また「Googleフォト」や「Amazonプライムフォト」といったサービスを利用してバックアップを取り削除しましょう

これらのメンテナンスを定期的にしておけば、肝心なときに容量不足になることは少なくなるでしょう
iFC湘南モールフィル店ではちょっとした設定のお手伝いもしております
経験豊富なスタッフが丁寧に対応いたします

iFC湘南モールフィル店

ifc_shonan
ifc_shonan
神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目1−1
湘南モールフィル1階
(プラスマーケット横 銀座パリス店内)

TEL:0466-86-7862
営業時間: 10:00~20:00

小さな不調でもお気軽にご相談ください
LINEで送る
[`evernote` not found]