暑くなってきました
夏になると元気になる人はいますが
iPhoneのような精密機器に熱は大敵です
特にバッテリーは自ら発熱するパーツでありながら、熱に弱いという性質を持っています
iPhoneの適正温度は35℃とされていますが、気温がそれ以上になることは珍しくありません。また、真夏の直射日光で熱せられると、想像以上の高温になります。車の車内などは80℃近くまで上がることもあるそうです

限界温度を超えてしまうと、本体の変形や故障を引き起こします。バッテリーに関しては性能の劣化、最悪の場合は発火や爆発にいたることもあります。iPhoneのリチウムイオンバッテリーは従来のバッテリーよりも
速く充電できて耐用年数も延びて本体は軽くなりました
この電池なしでいまのiPhoneはありえないかもしれません
しかし、使用されるリチウムという物質は水と反応すると水素を発生するので危険なのです。
そのためバッテリーユニットの中にはいくつものセンサーなどが組み込まれており充放電をコントロールするようになっています
それでも熱に弱い特性は変わりませんので
高熱からiPhoneを守る必要があります

簡単にできることを三つにまとめました

1、高温になる場所に置かない
直射日光への放置、車の車内は危険!

2、過充電を避ける
100%以上にはなりません、80%がちょうどいいです

3、充電しながら使わない
負担が大きい使い方です。内部温度は下がりにくいので
わざわざ熱くなる方は避けましょう

発火や爆発をした端末は私たちでも直すのは難しいです
なにより、手が届く範囲で爆発が起こるなんで
絶対に避けたいことです
ちょっとした注意をするだけで、最悪の事態は避けることができます
ときどきiPhoneもクールダウンさせながら
バッテリーよりも暑い夏にしてきたいですね

iFC湘南モールフィル店

ifc_shonan
ifc_shonan
神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目1−1
湘南モールフィル1階
(プラスマーケット横 銀座パリス店内)

TEL:0466-86-7862
営業時間: 10:00~20:00

小さな不調でもお気軽にご相談ください
LINEで送る
[`evernote` not found]